ご相談から納品までProcedure

1ご相談・ご依頼ご相談・ご依頼

ご相談・ご依頼

間違いのない処理を行うため、処理前の打ち合わせは念入りに行います。
お品物の処理内容・材質・めっき膜厚・納期はもちろんのこと、取り扱いに際しての注意事項、マスキングがあればその仕様について、しっかり確認します。
お品物に対して、ベストな処理を行うための確認が、金属被膜研究所の品質保証の第一歩です。

お問い合わせフォーム・電話にて
お気軽にご相談ください!
日本全国からご依頼いただいております。

TEL.03-3775-5411
(代表)
受付時間 平日 9:00〜17:00

お問い合わせフォーム

2指示票の発行指示票の発行

現品票はお客様のご要望を確実に次工程に伝える大事なツールです。
少量多品種を扱う弊社ならではの“気配り”が盛り込まれています!

当研究所では、お預かりしたお品物の管理と処理内容を皆が正確に理解するため、お品物1つ1つに対し、現品票を発行しています。
お品物の取り扱い説明書となる現品票を元に、作業者は処理を行っていきます。

3受入検査受入検査

受入検査

めっき前のお品物に異常がないか、細かい目で確認します!

入検査 表面処理を行う前のお品物の確認も、大切な工程の一つです。
キズ・ダコンなどの外観チェックや個数の確認を行い、万全の状態で表面処理の工程へ移ります。もしこの状態で異常や不具合が見つかれば、お客様に連絡・相談し指示を仰ぎます。

4処理処理

処理

一日にめっきする部品の種類は数百種類以上!リピート品から試作品まで、品物の特徴を見極め、臨機応変に処理方法を検討しています。

処理 お品物の取り扱いに細心の注意を払うのは大前提ですが、当研究所では表面処理の作業を すべて手作業で行っているため、人の手で、人の目で、各工程でお品物の状態を確認しています。

当研究所の手作業ならではの品質保証を全てお客様にお届けするため、 技術者の指導や作業の効率化、コストダウンに繋がる改善などにも力を入れています。
また、処理液の管理・分析は、毎朝毎晩各工程の途中でも分析を行い、 確実な表面処理を行うための体制を整えています。

5検査検査

検査

弊社品質保証の厳しいチェックが入ります!
各種証明書の発行もお気軽にお申し付けください。

処理が終わったお品物は、キズ・ダコン・処理不具合の外観チェックや個数の確認などをお客様の立場になって厳しくチェックします。

また、めっき膜厚・硬度・電解研磨処理証明書や各種環境規制に関する書類等も、ご要望に応じてご提出しております。お気軽にお申し付けください!

6出荷・納品出荷・納品

出荷・納品

お引き取り・自社便配達・宅急便での出荷…日本全国のお客様にめっき品をお届けするため、最適な荷姿で対応します!

出荷 お品物を安全にお客様にお届けして、当研究所の表面処理をご評価いただけるよう、梱包作業も確実に行います。

お客様のお手元に良品が届くまでが、金属被膜研究所の責任と考えております。